ブラックジャックガイド

Share on facebook
Share on twitter
Share on whatsapp
Share on pocket
Share on email
ブラックジャックガイド

世界中で多くのプレイヤーに親しまれているブラックジャックは、「カードゲームの王」という呼称を持つほど、誇り高きゲームです。

過去に、アメリカで上映された映画「ラスベガスをぶっつぶせ」ではブラックジャックを題材とした映画で有名です。この映画のストーリーは、お金に困った大学生が数学の頭脳優秀な学生たちとタッグを組み、ラスベガスでブラックジャックをプレイして巨額賞金を手に入れようと奮闘します。

 

このように、いろんな媒体で取り上げられるほど有名なブラックジャックですが、人々が惹かれるブラックジャックの魅力とはなんでしょうか?

 

本記事では、ブラックジャック ルールや必須用語、攻略法、人気ゲームなど、ブラックジャックのガイドをお届けします。カジノゲームの中でもブラックジャックはスキルに左右されるゲームです。基本ルールだけでなく、ブラックジャック 戦略も知識として頭に入れておくと、プレイの幅が広がるのでぜひ一緒に学んでいきましょう。

 

 

ブラックジャックとは?

カジノ ブラックジャック(Blackjack)はディーラーと対決型のトランプゲームです。カードの合計数が「21」になるように、自分とディーラーのどちらが先に「21」に近づけるかを競います。ディーラーとマンツーマンで対決するので、戦略的にプレイすることが好まれる知能派プレイヤーに人気があり、白熱したゲーム展開にハマるプレイヤーが常に続出しています。

 

ブラックジャックの起源

ブラックジャックの起源は、所説ありますが18世紀のフランスが発祥地である説が有力です。当時、中世ヨーロッパのフランスには「ヴァンテ・アン」というゲームが流行っており、これが今のブラックジャックの原点になったと言われています。

ちなみに「ヴァンテ・アン」はフランス語で「21」という意味です。

 

これがのちにアメリカに伝わり、世界中で爆発的な人気ゲームへと確立していきました。

 

 

最高のブラックジャックカジノ

 

 

ブラックジャックの魅力

 

初心者から知能派ファン層に爆発的な人気

ブラック ジャック カジノゲームの基本ルールはとても簡単なので、ブラックジャック未経験のプレイヤーでもサクッと始められるのが魅力です。ブラックジャック トランプは、ディーラーと1対1の対決なのでスピード感がもあり、飽きないのが人気の秘訣かもしれません。

 

相手の一手を読む心理ゲーム

プレイヤー自らがゲームに参加してディーラーと一騎打ちの勝負が出来るので、ハラハラドキドキ感を味わえるのがブラックジャックの醍醐味でもあります。場数を踏んでゲームの流れが読めるようになると、プレイヤーとしての経験値もアップするので、さらに楽しくプレイできる魅力があります。

 

ブラックジャックの還元率は96%~102%と高い!

オンラインカジノの中でも還元率が高いのがトランプ ブラックジャックで、最大102%も見込めるでしょう。その理由の1つとして、ブラックジャックが運に左右されるゲームというよりは、プレイヤーのアクションによって如実に成果が反映されるゲームだからです。

 

充実した攻略法

ブラックジャックの人気はスキルによってプレイの幅がより広がり楽しめることが理由の1つでもあります。ブラックジャックはカジノファンや数学者が長年研究を重ねたゲームであり、数学的確率でいうと実際に有効な攻略法もあります。なので、ブラック ジャック コツを知識として知っておくと今後便利です。

 

 

Blackjack Guide

 

ブラックジャック ルール

 

ブラックジャックのプレイ方法

ブラックジャック ルールはとってもシンプルです。以下よりゲームの流れを確認しましょう。

 

1.プレイヤーがベットします。

 

2.ディーラーとプレイヤーに各2枚ずつカードを配ります。ちなみにこの時ディーラー側のカードの1枚は伏せた状態です。

 

3.プレイヤーは配られた2枚のカードをチェックした後、もう1枚カードを引くか否かを選択します。この時、もう1枚カードを引くアクションを「ヒット」、カードを引かないアクションを「スタンド/ステイ」と言います。

 

4.カードの合計数値が「21」を超えてしまうと負けが確定です。このアクションを「バースト」と言います。

 

5.プレイヤーは合計数値が「21」以内であれば、何度でもカードを引くことが可能です。

 

6.プレイヤーのターンが終了したら、伏せていたディーラーのカード1枚をオープンします。

 

7.ディーラーの合計数値が「16以下」の場合、ディーラー側がカードをもう1枚引きます。

 

8.ディーラー側はカードの合計数値が「17」を超えない限りカードを引いて、「17」以上だとプレイヤーと対決になります。

 

 

カードの数え方

 

「2」〜「10」のカード

トランプカードの数字の「2」〜「10」としてそのまま数えます。

 

絵札「J」「Q」「K」のカード

絵札「J」「Q」「K」のカードはトランプカードの数字ではなく、全て「10」として数えます。

 

A (エース) のカード

エースは特殊のカードで数え方が2種類あります。「1」か「11」のどちらかプレイヤーが好きな方を選ぶことができます。

 

 

ブラックジャックで使える必須用語集

 

ヒット (Hit)

カード1枚引くことを意味します。

 

 スタンド (Stand)

追加カードは引かないで最初に引いた2枚のカードでディーラーと対決することを意味します。

 

スプリット (Split)

ブラックジャック スプリットでは、最初に引いた2枚のカードが同じ数字だった際にカードを1枚ずつ分けて各ゲームプレイが行えます。

 

 ダブルダウン (Double Down)

ブラックジャック ダブルダウンでは次のゲームラウンドでの勝率が高い場合、ベット額をさらに倍にして次のカードを1枚のみ引くことができます。

 

インシュランス (Insurance)

インシュランスとはベット額の半分を賭けておき、ディーラーがブラックジャックになると賭けたベット額が返金されます。言わば保険のようなものです。ちなみにディーラー側の1枚目のカードが「A」だと使用可能です。

 

サレンダー(Surrender)

勝負に勝ち目がないと判断した際にベット額の半分をディーラーに返すと勝負を降りることが可能です。

 

 スイッチ (Switch)

2種類のカードの中身を入れ替えることができます。

 

 バースト (Burst)

カードの合計数値が「22」以上になってしまうと負けの確定です。

 

プッシュ(Push)

カードの合計数値がディーラーと同数かつお互いバーストしなかった場合は引き分けです。「タイ」とも言います。

 

ナチュラル(Natural)

ナチュラルブラックジャックでは、2枚のカードの合計数値が「21」であることを意味します。ただし、エースと「10」をカウントするカード(「10」&「J」「Q」「K」)のコンビネーションのみ成立します。

 

 ブラックジャック(Black Jack)

最初に配ったカードがエースと10をカウントするカード(「10」&「J」「Q」「K」)のコンビネーションで、合計数値が「21」になることを意味します。

 

カウンティング (Counting)

今まで出たカードの数字を暗記して、今後ひく可能性が高いシューカードを予想するというブラックジャック 必勝法の1つです。

 

 

ブラックジャック 攻略法

 

ブラックジャック 攻略法

 

ブラックジャック 勝ち方とは?

カジノゲームにはよく必勝法や攻略法があると議論されています。ブラックジャックは特に攻略法を使用することが有名であり、世界中のプレイヤーは様々な戦略が繰り広げられてゲームが展開されています。

 

1962年に出版された著者エドワード・オークリー・ソープ氏の「Beat The Dealer/ビート・ザ・ディーラー」では、数学の確率論をベースにしたブラックジャックの攻略法が紹介されています。代表的なブラックジャック 必勝法は、「ベーシックストラテジー」「カードカウンティング」が挙げられます。

 

以下では「ベーシックストラテジー」「カードカウンティング」について説明していきます。

 

ベーシックストラテジー

ブラックジャック 必勝法では、「ベーシックストラテジー」という数学確率論をベースにした攻略法が存在します。これは日本語で「基本戦略」と言います。

 

「ベーシックストラテジー」では、ベッティングの方針が確立されていおり、このベーシックストラテジー表に沿ってプレイを実践していくと還元率が高くなる可能性があります。実際、カジノのハウスエッジ(控除率)は、ベーシックストラテジーの効果で0.3%まで下がるとも言われています。

 

ベーシックストラテジー表のメリット

ブラックジャック 必勝法 表=ベーシックストラテジー表で何が分かるかというと、プレイヤーに最初に配られた2枚のカードとディーラーのオープンカードを元に、次の打つべき一手のアクションが決定されます。ストラテジー表をチェックしつつブラックジャックをプレイすれば、損失を出さずに好勝負を続けられると言われています。もちろん、全てのギャンブルにはリスクがつきものですので、これを行えば100%勝つというわけではありません。ただ、ブラックジャックはプレイスキルによって勝率が上がることも確かなので、闇雲にプレイしていた方は、こちらのベーシックストラテジーに従ってプレイしてみる価値はあると思います。

 

カードカウンティング

頻繁に利用されている攻略法の1つに「カウンティング」があります。カウンティングとは、既にゲームに出ているカードを暗記していくことで、次に出るシュー(カードデッキ)を予想するという必勝法です。カウンティングを確実におこなえば、ゲームの流れが読めるようになります。ゲーム中に自分の立ち位置や有利な立場にいるか否かを理解することは大切です。慣れるまで時間はかかるかもしれませんが、一度コツを掴むと便利な戦略として使えるのでおすすめです。

 

ただし、カードカウンティングはどこでも使えるわけではないので要注意です。ちなみにランドカジノでは禁止事項なので使えません。また、コンピュータと対決する一般的なカジノゲームでは通用しません。

 

ライブカジノではディーラーと対戦する形式なので利用できます。プレイヤー側の映像がチェックされることはないので、メモに書いていても特に問題ありません。

 

 

ブラックジャックの人気ゲーム

 

パーフェクトブラックジャック

パーフェクトブラックジャックとは、普通のベットとは違う「ペア」ベットができるブラックジャックです。同じ数字や色のカードを引くと、配当の高い賞金が期待できます。ペアにベットして最初にペアが揃った場合、仮に負けてしまっても賞金が付与されるのが特徴です。

 

ブラックジャックスイッチ

ブラックジャックスイッチとは、持っているカードを交換できるスイッチ機能が搭載されたブラックジャックです。ブラックジャックスイッチでは4枚カードが配られ、この4枚を2つに分けて別の手札としてプレイします。「スイッチ」を使用するとカードの中身の交換が可能です。通常のブラックジャックではプレイヤーに初回2枚カードが配られるのに対し、ブラックジャックスイッチは1度に2つ分のゲームが遊べる特徴があります。

 

プログレッシブブラックジャック

プログレッシブブラックジャックとは、巨額賞金が期待できるプログレッシブジャックポット搭載型のブラックジャックです。数字や同じ色のカードで豪華賞金チャンスが狙えます。プレイヤーとディーラーは両方とも「ペアベット」が可能です。ジャックポットプールに賭けて、エース の数や種類によって賞金がゲットできるシステムです。

 

 

ブラックジャックの配当率は?

 

ブラックジャックでは勝ち方によって配当率が異なります。

「ブラックジャック」で勝ち、手持ちのカードの合計数値がぴったり「21」になった場合、1.5倍の配当率です。手持ちのカードの合計数値がディーラーより「21」に近くて勝利した場合、1倍の配当率が見込めます。あるいは、ディーラーが「バースト」してディーラーの手持ちのカードが「21」以上の場合、1倍の配当率です。

 

このように、他の勝ち方と比較するとブラックジャックで「21」ぴったしで勝負に勝った方が1.5倍と配当率が高いです。

これをチェックして